理学療法士の勉強会とは

理学療法とは、温熱などの物理療法や運動療法を基にリハビリを行うことを言います。リハビリとは、人体の失われた機能の再構築を目的に、筋力増強、動作パフォーマンスの向上、心肺機能の改善を行うことです。

目的に応じて言語聴覚士の求人の情報サイトへお越しください。

治療内容は、解剖角、運動学、生理学に基づくもので、機能改善のために身体構造から生活範囲に至るまでを包括的に評価します。


理学療法士の仕事内容は多岐にわたり、脳卒中や骨折などで日常生活に支障をきたした患者の動作能力の獲得から、スポーツトレーナーとしてのコンディショニングの改善などがあります。また、運動機能以外にも呼吸機能の改善や、心臓手術後の機能改善、廃用症候群に対しての身体機能の維持・改善を行っています。

Yahoo!知恵袋に関する情報の一覧です。

理学療法協会では資格取得後も生涯学習システムとして勉強会を開催しており、内容は、「新人教育プログラム」、「認定・専門理学療法士制度」、「地域包括ケアシステム推進制度」、「協会指定管理者制度」などがあります。運動・解剖学の復習など臨床で役に立つ知識を身に着けることを目的とした勉強会や、呼吸リハや心臓リハなど専門的な知識をより深く身に着けることを目的としたものがあります。


また、治療手技に関しても多様な方法が提案されており、協会外にも手技に対する勉強会が開催されています。
理学療法士を対象とした勉強会が多くみられますが、最近では医療従事者同士のチームアプローチが注目されており、専門外の職種の人にも理学療法の内容について説明する場が設けられています。