理学療法士向けの勉強会ではどのようなことを学ぶのか

理学療法士とは、医学的リハビリテーションに従事する者の身分制度として法的に認められた医療従事者(コ・メディカル)です。

理学療法資格を取得するには、専門学校または文部科学大臣が指定した大学で3年以上勉強し、業務に必要な知識や技能を修得する必要があります。単位の取得には必ず決められた日数以上の臨床実習が必要です。
卒業資格を得ることで初めて国家試験を受ける資格が与えられ、国家試験に合格し免許状の発行を申請することで厚生労働大臣の免許を受けることができます。
国家試験の内容としては、一般問題である解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学、理学療法に加え、図解やデータ票を基に臨床場面での判断能力を必要とする実地問題も出題されます。


理学療法士は物理療法と運動療法を基にリハビリテーションを行うとされていますが、運動療法の治療方針として従来より様々な治療手技が確立されています。

特に中枢神経障害の麻痺を改善させるものとして「ボバース法」「PNF法」「ブルンストローム法」がありますが、身体の捉え方から治療アプローチに至るまで考え方が異なっており現在でも様々な勉強会が開かれ、日々治療の有用性について研究がなされています。


また、主に痛みや拘縮の改善などを目的とした手技では「AKA」「IDストレッチング」「筋膜リリース」などがあり、理学療法士を対象とした専門の勉強会であることが多いです。

様々な分野の作業療法士の求人に関連した情報が掲載されています。

患者の症状やもともとの身体能力は人それぞれですので、一番有効な治療法は証明されていないというのが現状です。

いろいろなOKWaveのお役立ちコンテンツ満載です。

現在も新しい治療法が考えられており、理学療法士になった後も、勉強会に参加し知識を更新する必要があります。