がん検診のデメリットとは

早期発見が出来るがん検診にも、わずかながらでもデメリットになる場合もあります。


精度が詳細になるに連れて、良性の腫瘍でもがんの疑いとされるからです。

そのために、がん検診を受けた後にがんの可能性が否定できないために、さらに詳しい検査を受けるために受診をしなければなりません。


したがって、そのようながんの疑いを抱えたままでいる間には、不安や心配も増大して行くので心が落ち着かない時間を過ごすことに、普通の人なら成ってしまうのが当然です。

がん検診では、このように結果的には良性の腫瘍であり問題ではなかったというケースもあります。
たしかに、そのために再度、検査を受けたり受診をしたり精神的にも不安が募ったりしてしまうものですので、デメリットだといえるでしょう。



しかし、結果的にはがんの可能性を否定できたことが、がん検診がきっかけにしっかりと確認が出来たことは、喜ばしいことになります。

紆余曲折があり、がんかどうかの不安が募っている間というのは誰にとってもつらい時間であることには違いありません。

がん検診の役立つ情報をまとめています。

それだけに、良性であり問題のない腫瘍だという結果に救われる人も多くいるでしょう。

がん検診では疑わしい所見に対しても、もしかすると悪性のがんである可能性があるために、より詳しい検査をするようことになります。

デメリットだと当初は感じても、結果的には、がんの疑いを否定できたことは大きなメリットだと後々思えるのではないでしょうか。